430 views

「似合うスタイルは1つだけじゃない」自分に合うヘアスタイルの見つけ方

コラム

AUTHOR

後藤 亜実
drycut stylist / spanist
美容歴15年。名古屋市内のドライカットの専門店で8年勤務し、2018.5月にフリーランスに転向。髪の毛をすかずに、彫刻のようにヘアスタイルを創り上げていくドライカット専門。髪本来のツヤとウェーブが蘇ります。頭皮環境を整え、リラクゼーションにもなるヘッドスパも得意です。ぜひ癒されてください。

こんにちは、ドライカット専門で名古屋を中心に活動するフリーランス美容師の後藤です。

毎日考えるのが大変なヘアスタイルですが、

  • 私にはこれしか似合わない
  • この髪型は好きじゃない

など、決めつけたりしていませんか? 実は自分に似合うスタイルってたくさんあるんです。

今回は、自分に合うヘアスタイルの見つけ方に関してお伝えします。

 

似合うスタイルは1つだけじゃない


「似合うヘアスタイルは1つではないので、色んなスタイルを楽しんでほしい」

私が一番伝えたいことです。

私自身もスタイルを変えて自分に似合うものを毎日試していますが、お客様と同じように数カ月経ってから「このヘアスタイルが好きなんだ」と気付くことが多いんです。

 

自分の好きなスタイルを探し出すことが大事


お客様の中には、

  • 同じ髪型が好きな人
  • 私など美容師からの提案を取り入れてくれる人

など、さまざまいらっしゃいます。

提案を取り入れてもらえるのはすごく嬉しいですが、「本当にこの髪型が好きなのか」と自分を理解してもらいたいなとも思いますね。

何かこだわりがある人は自分が好きですし、1年の365日のうち、美容室行くのはたった数日なので、美容師に提案されたヘアスタイルにすることも良いんです。

ですが、「自分この髪型も好きなんだ」と新しく見つける時間を作ってほしいです。

実際、美容師も何回か施術をしてみないことには似合うスタイルかどうかも分からないので。

 

流行りに左右されずに自分を生かすスタイル

他にも

  • 似合うヘアスタイルかどうか気になる
  • 流行りを大事にしたい

など、周りを気にされてヘアスタイルを考えるお客様もいらっしゃいます。

確かに流行りや似合っているかどうか考えることも大事。ですが、流行に左右されずに自分を生かすスタイルを見つけてほしいんです。似合わないと思い込んでいるスタイルも今後似合うかもしれない。

「このヘアスタイル可愛いな」と自分が思えれば良いですし、自分のスタイルを貫いてほしいですね。

 

嫌いなスタイルも後から好きになることもある


嫌いなスタイルも後から好きになる
こともあります。「自分のくせを生かすならこのスタイルだけど、好きじゃない」と感じたりしますよね。

似合ってないなと思っていたけど、友達から良いねって言われると、自分も同じ気持ちになることもあるんですよね。

「ヘアスタイルは絶対にこれ!」と決めているのも良いとは思いますが、意外と他のスタイルで好きなものもあるはずなので、ぜひ探してほしいです。

ちょっとアンテナを張って考えてみてほしい


自分に似合うヘアスタイルを見つけるのは難しいと感じる人もいるはず。そんな時は、感性を大事にしてほしいです。

  • 耳を出すのが良い
  • アレンジがちょっとでもできる

など、ちょっと気分を変える日があると人生は楽しいんじゃないでしょうか。

日々どういうものと触れているかで感性は変わってくると思いますし。

似合うスタイルは1つじゃないので、色んなことにアンテナを張って新しい自分が見つけてほしいですね。

 

TEMPERmagazineで相談

友だち追加

スタイリング相談会・試作品の事前提供・その他イベントなどの情報を配信しています。相談を記事化する企画も定期開催。TEMPERの最新活動情報も配信中。登録は緑のボタンから。