122 views

「私もこんな髪型ができるんだ」美容師の仕事を通して嬉しかったこと

コラム

AUTHOR

西口朝都
Un ami Kichijoji スタイリスト
東京、吉祥寺の【Un ami kichijoji】に勤める。サロンワークはもちろん、撮影やCMのヘアメイク、セミナー、ヘアショーなどもマルチにこなすデザイナー。今年は商品開発も準備中。全国トップレベルの毛髪薬剤知識は専門資格も持つほどで、自他共に認めるくせ毛、縮毛矯正、ヘアケアのスペシャリスト。個人ブログの独自の視点からの発信で、全国から来店が後を絶たない。顧客の9割が元々髪に悩みがあった方。【ケミカル×デザイン提案】癖があってもかわいくなれるがコンセプト。

こんにちは、Un ami kichijojiの西口です。

今回は、美容師の仕事を通して印象に残った、嬉しかったことをお伝えしようと思います。

「自分の髪が好きになれました」

自分の髪が好きになれました

お客様によく言われる言葉です。

  • 自分の髪が好きになれた
  • 少しだけ自信が持てた
  • 美容室に来るのが楽しみになった

これが美容師をしていて、一番嬉しいですね。

理想の髪型を提案してもらえたことが一番嬉しかった


「本当はこういう髪型にやってみたいけど、自分はくせ毛だから無理」と思ってしまっている方も多いんです。

ですが、本当に思っていることを僕にだけ伝えてもらえるようになりました

中には難しい要望もありますが、女性のお客様には「ヘアアイロンや自分に合うスタイリング剤などを使ってもらえればできますよ」などと提案すると、「やってみようかな」と思ってくれる方もいます。

結果、自分の技術の幅が広がりましたし、お客様との関係性も深くなったなと嬉しくなりました。

くせ毛の方は美容室に行くことが苦手な方も多い

美容室に行くこと自体が苦手なくせ毛持ちの方も多いんです。

  • 縮毛矯正はとにかく時間がかかる
  • 行ってもあまり好きな髪型にされないし、できない

だから、美容室や自分の髪型が好きじゃない方はいます。仕方なくメンテナンスで半年に1回程度行かれる方も結構多いです。

ですが、僕の美容室に来てもらって、「苦手意識を持っていたけど、こんな髪型をしたいと伝えられるようになったから美容室に行こうと目的が変わった」「自分の髪が好きになった」などのお声をいただけたことは嬉しかったです。

美容師をやっている上でのやりがいでした。

「今まで1番短いけど、私もこんな髪型ができるんだと言ってもらえた


例えば、縮毛矯正をかけてボブ位に短くした方は、「今まで1番短いけど、私もこんな髪型ができるんだ」と言って下さいました。

また、以前は縮毛矯正で5時間かかったと癖がすごく強い方もいましたが、僕のお店に3回も来てくれました。

しかも、縮毛矯正も3時間位で終わりましたね。こちらからすると時間かかったなぁと思いますが、お客様にとっては「こんなに早く終わるんだ」になるんですよ。さらに、とても短く切られて「今までで1番短いけど新鮮で、こんな髪型ができるんだ」と喜んでもらえました。

できる髪型の提案の幅が広いことは武器


僕は、できる髪型の提案の幅が広いことは武器だと思います。

美容師さんの中にも、「こんな髪型にしかできない」「この時間しかできない」と決めている人もいるかと思います。

ですが、自分の技術などを高めていった結果、お客様の予想を超える提案や技術を喜んでもらえることもあるんです。お客様に喜んでもらえると嬉しくて、やりがいになりますよ。

「髪を切るだけなら誰でもできる」そう思います。

その人の人生の一部になる』が僕の美容師のテーマです。

髪を切るだけじゃない、入学、結婚、出産、転勤など、人生の大事な時に僕のことを思い出してくれる。そんな存在になりたいですね。

そんな素敵な職業である美容師が僕は大好きです。

TEMPERmagazineで相談

友だち追加

TEMPERmagazine公式ライターがあなたのお悩みに記事でお答えします。相談内容は「LINE@」にメッセージをお送りください。最新情報も配信中。登録は緑のボタンから。