1,642 views

全てのくせ毛を活かすカット。1本1本髪の彫刻を作る『ドライカット』がすごかった

特集

AUTHOR

TEMPER magazine 編集部
TEMPER magazine 編集部
くせ毛のプロスタイリスト集団が情報発信を行う、くせ毛特化型WEBマガジン『TEMPER magazine』の編集部。様々なくせ毛のプロによる知見を丁寧に整理し、偏りのない公平中立な発信を心がけている。編集メンバーは全員くせ毛。

『すきバサミは使いません。』

『髪は1本1本彫刻のように削ります。』

そう語るのは、ドライカット専門の美容師・後藤亜実さん。

『ドライカット』と聞くと、乾いた状態でのカットかな?と考えると思いますが、実際はまったく似て非なるものでした。

なんと、髪の1本1本のクセや落ちてくる位置を考え、すべてを計算して完成させる・・・まさに『髪の彫刻』

くせ毛の扱いが劇的に楽になるという、そのくせ毛を活かす『ドライカット』について徹底的に聞き出してきました。

『ドライカット』ってなんですか?

美容歴15年。名古屋市内のドライカットの専門店で8年勤務し、2018.5月にフリーランスに転向。髪の毛をすかずに、彫刻のようにヘアスタイルを創り上げていくドライカット専門美容師。

後藤亜実さん
フリーランス美容師

美容歴15年。名古屋市内のドライカットの専門店で8年勤務し、2018.5月にフリーランスに転向。髪の毛をすかずに、彫刻のようにヘアスタイルを創り上げていくドライカット専門美容師。

編集部

『ドライカット』というのは聞いたことがありますが、『普通に乾かして切る』というのとはまた少し違うんですかね?

1本1本削ると言われると、ちょっと想像が・・・つかないですね(笑)

後藤亜実さん

普通カットをするときは、濡らした状態で長さを調整したりしますよね。

まずもちろん、ドライカットが普通のカットと違うのは『全て乾かした状態で切ること』です。

ただ私の『ドライカット』は乾かして切るだけでなくカットするときに、

  • ハサミ
  • アイロン
  • ブロー(ドライヤー)

これらを全部使いながら切っていくんですよね。

編集部
えっ!カットの際にアイロンも入れるんですか!?
後藤亜実さん

例えばくせ毛の人も、まっすぐに伸ばしながらカットしていきますよ。

ただし、それは単にまっすぐにするためのアイロンではないんですよね。

カットの時にアイロンやブローを行う??

編集部

あの、えっと、今までカットと同時にアイロンをかけたりしてもらった記憶がないので・・・ちょっとイメージがつかないです(笑)

どういうことですか?何か理由があるってことですか?

後藤亜実さん
そうですね、まず私の『ドライカット』の特徴から説明させてもらってもいいでしょうか?
編集部
はい、お願いします!

『すきバサミ』を一切使わない

後藤亜実さん
まず、私のドライカットでは髪を全く『すかない』んですね。すきバサミを使わないんです。
編集部
すきバサミって、あの髪の毛の量を減らすときに使うやつですよね!
すきバサミ

すきバサミ

後藤亜実さん

そうですそうです。

どんな髪の毛にも、みんな本来の髪質とか毛流れっていうものがありますよね。

例えばくせ毛の場合、どこかにすきバサミを入れたとしたら、そこ(カットされた部分)から先が動くんですよね。

すきバサミを入れた部分までは1本1本地毛のままなのに、そこから先はすかれた状態になります。

編集部
つまり、すきバサミ入れた部分から毛先にかけては、地毛の量よりも減っているということですね。
後藤亜実さん

髪をすくと、その中で不用意に動く毛が出てきたり、パサついたり乾燥して見える毛が出てきます。

もちろん『すきバサミ』を使う派の方もいます。

でも、私の考え方としては『せっかく元々の自分の綺麗な毛流れがあるのに活かした方がいい。その毛流れをすいてしまうことで崩すのはもったいないよね』という発想ですね。

やっぱり地毛のままの方が、キューティクルが整っていてツヤも出やすいんです。

ポイント

ドライカットでは『すきバサミ』を使わない。

じゃあ、どうやって髪を切る?

編集部
すきバサミを使わないということは分かったのですが・・・では、どうやって量の調節をしてるんですか?
後藤亜実さん

本当に1本1本、1cmづつ切っていきたいくらい、彫刻みたいに積み重ねていくようなイメージで作っていきます。

ドライカットの場合は、落ちてくる場所を狙って自分の髪のくせも活かして、それらを計算して完成させます。

そのまま自然の流れで、落ちてきてほしい位置に毛先が落ちてくれるんですよ。

編集部
ランダムに髪をすくのではなく、落ちてくる毛先の位置1本1本を計算して作っているということですか・・・!
後藤亜実さん
本当に、1本1本くらいの単位で、1cmずつ削るようなイメージで作っていますね。
編集部
ドライカット、すごい・・・

カット時にアイロンを入れる本当の理由

編集部

ところでさっきのアイロンの話に戻るのですが、

落ちた位置を計算してカットするのだとしたら、アイロンで伸ばしちゃうと場所が分からなくなってしまうような気がするのですが・・・

それってくせ毛の場合、大丈夫なんですかね?

後藤亜実さん

カットの際のアイロンは、毛先を見やすくしてカットを行いやすくするために使っています。

実際には、毛先だけじゃなくて全体にアイロンを入れていくんですけど、『髪が落ちてくる場所』を見るためにかけているんですよね。

編集部
伸ばした方が、毛先の位置が見やすくなるということですね。
後藤亜実さん

『先にまっすぐにしたら、伸ばした後に自分のクセが分からなくなるんじゃないの?』ということはよく言われるんですけど、そこももちろん計算しています。

計算したうえで、髪が落ちてくる位置を逆算して作りますね。

編集部

なるほどなるほど。

最初に伸ばして、クセの強さも計算した上でカットしていくんですね。クセが出て、これぐらいの位置に来るだろうなっていう。

ポイント

ドライカット時のアイロンは毛先を見やすくするため。元のクセも計算してカットしている。

ドライカットは『彫刻作品』

後藤亜実さん

そうやって、根元から毛先までしっかり束で残っていると、『絶対にこの位置で落ちてきてくれる』って言うのが分かるんですよね。

そうやって狙って形を作っておけば、完成後はその形で狙った位置に全ての毛が落ちてきてくれます。

編集部
するとくせ毛でありがちな、『ぴょん』っと跳ねてほしくない方向に跳ねたりすることがなくなるわけですか?
後藤亜実さん

そういうことです。

そこに、少しでもすきバサミが入ってくるとずれてしまいます。

だから、なるべくすきバサミを入れた髪がない状態まで持っていけると、ドライカットの良さが一番感じられる状態になりますね。

編集部

いや、すごい・・・。これはすごい!

本当に、全体が予定調和になっているような・・・まるで『作品』に近いイメージですね!

後藤亜実さん

本当に作品を作っているようなイメージですね。

めちゃくちゃ神経使うし、目をめちゃくちゃ使うので目が悪くなるんですよ(笑)

本当に作業が細かいので。見方や考え方が、普通のカットとは全く違うんですよね。

編集部
たしかに、作業自体はなかなか大変そうですね・・・(笑)

ドライカットの作業風景
(↓▶を押すとこのまま再生できます)

後藤亜実さん

普通のカットだったら全体のバランスを見ながら調整しますよね。例えばボブスタイルなら、『まずバツっと長さを切ってしまって、そのあとに重さの調整をする』みたいなイメージ。

でも、ドライカットの場合は最終地点の輪郭が明確にあって、1カット1カットの過程全てがその輪郭をなぞるよう作るイメージなんですよね。

編集部
ものすごく神経を使いそうです(笑)
後藤亜実さん

本当に神経は使いますね~!!(笑)

例えば、終わってから『もう1cm短く!』って言われたら、さらにもう1時間半かけないといけないです(笑)

全てバランスを考えて作っているので、1cmズラすだけでも全体を作り直さないといけないですね。

ポイント

ドライカットはめちゃくちゃ神経を使う。

ドライカットは普通の『倍』の時間がかかる

編集部

え、ちょっと待ってください、あみさん今しれっと『もう1時間半』って言いました?

カットだけで1時間半もかかるんですか!?

後藤亜実さん

はい、1時間半かかりますね(笑)

カット1時間半・シャンプー30分で、だいたい合計2時間ぐらいかかります。

編集部
普通のカットならだいたい30分~45分程度なので・・・倍以上の時間がかかるんですね!
後藤亜実さん

自分の毛質全てを活かしたスタイルにするなら、やっぱり本来の倍以上の時間はかかりますね。

時間が倍かかるので値段も倍くらいになりますが、それ以上の価値はあると思っています。

編集部

なるほどなるほど。

では、ちょうどせっかくなので・・・ドライカットの『良いところ』について教えて頂いてもよろしいでしょうか?

ドライカットだと何がいいの?

後藤亜実さん
ドライカットの良いところはいろいろありますが・・・、まずスタイリングが抜群に楽になります。
編集部

そこは重要です!

後藤亜実さん

この『スタイリングが楽になる』というのには根拠があります。

ドライカットでは根元から全て同じ毛があるので、乾かしただけで全部落ちて欲しいところに落ちてきてくれます。

『いくら伸びても、ずっとこの形にしかならないよ~』っていうようなイメージですね。

編集部

それはさっきも説明して頂いたように、落ちてくるように設計しているからですね。

後藤亜実さん

あとは、ツヤの出方も全然違います。

とりあえず、私のお客さんで枝毛の人は誰もいないと思います。

あれ、これ、言っちゃってもいいのかな?笑(その場にいる同業の方に問いかけて)

同業の方
大丈夫だと思います(笑)
後藤亜実さん

でも、本当にいないので(笑)ウチに来る方は、みなさんケアの意識が高いのもありますけどね。

やっぱり、『すかない』っていうだけで毛先がすごいツヤがあるんですよね。もちろん普通のハサミでも、深く入れすぎるとすくのと同じような状態になっちゃいますけど。

そこは本当に、毛先を『筆』みたいな感じに少しずつズラして、先細りにするっていう技術があって・・・

編集部

なるほど!今、やっとイメージができました。

『すく』のとは違って、少しずつグラデーションのように長さが違う。つまり、筆のようになっているということですね!

(編集部お手製のイメージ画像。 ひどいクオリティ。)

後藤亜実さん

そうです!

そういうものを全部積み重ねてナチュラルにしているので、全部自分の毛でちゃんとキューティクルも整っているんですよね。

すきバサミの場合は先細りすると言うか、『先細りになる』というイメージに近いです。

すきバサミだと、こうやってすくと思うんですけど、こう穴が開くようなイメージで・・・

編集部が勝手につくったイメージ画像

(編集部お手製のイメージ画像。さっきよりマシ。)

後藤亜実さん
だからこれが全部軽くなって、結果として先細りになっちゃうイメージです。
編集部

なるほど。

すきバサミだと計算されて先細りにさせているわけではないんですね。

カットの持ちが良い

後藤亜実さん

あとドライカットの特徴として、カットの持ちがめちゃくちゃいいんですよ。

スタイルが崩れないので、伸びたら伸びたまんまの形そのまま落ちてくるみたいな。

すいてあるスタイルの場合だと、ランダムだからある程度伸びてくると崩れてきます。

編集部
そんなに持つんですか??
後藤亜実さん

めちゃくちゃ持ちます。

ロングだったら半年から一年が普通です。男性もすごいベリーショート以外なら3ヶ月とか持つ方も全然います。

編集部

普通のショートくらいだったら、1カ月半とかで扱いづらくなってきますよね。

めんどくさくて2カ月3カ月放置して、我慢ならなくなって切りに行く、みたいな(笑)

後藤亜実さん

たぶん1か月半とかだったら全然大丈夫ですね。

『長さだけ伸びる』みたいなイメージなので、全体のバランスは崩れません。

編集部
そう考えると、コストパフォーマンスもなかなか悪くないですね。
後藤亜実さん

ただ、本当はもうちょっと早く来て欲しいんですけどね。この間の技術満足してくれなかったのかな?とか不安に思っちゃうので(笑)

でもやっぱり嬉しいですけどね。ありがたいことにリピートしてくださる方も多いです。

編集部
正直、すでにやってもらいたくなってきています。笑

くせ毛を活かすので縮毛矯正のお客様がいない

後藤亜実さん

体験してもらうと一番わかりやすいんですよね。

本当にスタイリングが楽になるし、クセはもちろんきれいに出る。

くせ毛で悩んでいる方だと縮毛矯正する方が多いと思いますが・・・私のお客様の場合、逆に縮毛矯正をかける人はほぼ一人もいないです。

編集部
くせ毛なのに、みんなカットだけなんですか!?
後藤亜実さん

かけるとしても前髪と顔周りをポイントでかけるくらい。全体の縮毛矯正をするはいないです。

本当に『癖を活かす』っていうイメージですね。

編集部
全員かけないってのはなかなかないですよね。
後藤亜実さん

くせ毛で悩んでいると、縮毛矯正をやってる人も多いと思うんですけど・・・

『一生これをやり続けるのか?』っていう不安はみんなあると思うんですよね。時間もお金も。

編集部
それは、絶対にあると思います。
後藤亜実さん

そういう心配をされている人が多くて。だから、なるべくやめられるような方向にもって行けるように努力します。

せっかく元々からある髪だから、できれば自分の髪を活かしてほしいという気持ちもありますね。

最初は、『やめられるの私??』っていうような感じで来られますが(笑)

ポイント

縮毛矯正をかけるお客様はほぼいない。

ドライカットの弱点

後藤亜実さん
ここまでドライカットの良いところをお話してきましたが、ドライカットには弱点もあります。
編集部
弱点ですか?
後藤亜実さん

ドライカットは、本当にそのお客さんの髪質に合ったスタイルを提供する技術です。

なので、そのお客さんの髪質に合わないスタイルをオーダーされる場合は、しっかりとした話し合いが必要になります。

編集部
ほうほう・・・。もう少し詳しくお伺いしてもいいですか??
後藤亜実さん

例えば、若い女の子のスタイルでドーンと重いボブスタイルとかあるじゃないですか。

あの重いボブスタイルをしようと思うと、毛先の長さを揃えることになるのですが・・・

そのお客さんの毛量によっては、どうしてもすかないと重くなりすぎる場合があります。

めちゃくちゃ髪の量の多い人と少ない人が、同じ長さでバツっと切っても髪のボリュームや量が全然違うじゃないですか。

編集部
量の調整が必要になるスタイルってことですね。
後藤亜実さん

そこで、普通の場合はカットですいて減らすんですね。

ですがさっきも説明したように、ドライカットの場合は量を減らすのにちょっとずつ削っていきます。

そうなると、髪の毛の多い方は、すいた方が触った感じちょうど良い量になりますが、

  • その分広がりやすくなったり
  • ツヤが失われたり
  • スタイリングがしづらくなったり

というデメリットも出てきてしまいます。

編集部
その部分のすり合わせが必要になるってことですね。
後藤亜実さん

ですので、『絶対にこの形にしたい!』というような場合は、ドライカットが合わないというケースも出てきたりします。

もちろん、それでもやりたい!っていう場合は、『それをするとこういう風にはなりますよ』みたいなデメリットの部分もちゃんと伝えますね。

ポイント

ドライカットは髪質を活かしたスタイルを作る技術なので、合わない場合もある。

『体験してみる』ということは大事

後藤亜実さん

実際にこの間も、3年4年ずっと通ってくださってる方でそういうことがありました。

すごい髪の毛が量も多くてクセもちょっとあって・・・という方が、『重いボブをしたい』ってオーダーされたんですね。

どうしても『やりたい』とおっしゃってたので、季節的に今なら行けるかも?と思ってやってみたんですけど・・・。

3ヶ月後には『言ってた通り、やっぱり合いませんでした!』といって、元のスタイルに切り替えました。

編集部
ある意味、実際にやってみてようやく、自分の髪質に合ったスタイルの扱いやすさを再確認できるんですね。
後藤亜実さん

『やって体験してみる』っていうのは私は大事だと思っています。

やっぱり話だけでなく実際に体験してみないと分からないですし、もしかしたら合うかもしれないじゃないですか。

私は重いって思うかもしれないですけど、その人の感覚には合うかもしれない。

だから、色々とチャレンジしてみてほしいな、っていうのはいつも思ってはいます。

編集部
お客様のやってみたいスタイルも、尊重するということですね。
後藤亜実さん
そうやってお互いの信頼関係ができていけば、理想のスタイルに近づけると思います。

最初は『ドライカットってなんだ?』と思っていましたが・・・。お話が終わったころにはすでにカットしてもらってみたくなっていました。

1本1本、1cm1cmずつ削って完成させる『ドライカット』の魅力が伝わったのは、私だけではないのではないでしょうか。

クセを活かしたスタイルを探している方にとっては、まさにうってつけの技術かもしれませんね!

後藤亜実さんについて

TEMPERmagazineで相談

友だち追加

スタイリング相談会・試作品の事前提供・その他イベントなどの情報を配信しています。相談を記事化する企画も定期開催。TEMPERの最新活動情報も配信中。登録は緑のボタンから。