2,391 views

美容師の教えるくせ毛の正しいシャンプーの仕方講座6ステップ

くせ毛ヘアケア

AUTHOR

TONI&GUY AOYAMA / StyleDirector

ロンドン発祥の老舗サロンTONI&GUYのStyleDirector/MarketingManager 。「くせ毛マスター」として、日々サロンワークを行いながら、個人メディアにて情報発信を行う。美容学生や美容師向けの講習、一般紙、業界紙やヘアショー、ファッションショーなどマルチに活動している。 顧客には、くせ毛の方をはじめとしながらも、ファッション関係や有名芸能人など幅広い客層の顧客を抱える。ストレートパーマ(縮毛矯正)、くせ毛を活かしたカットなど、くせ毛に対して幅広い知識と経験をもつエキスパート。

正しいシャンプーの仕方をマスターせずして、くせ毛ケアは始まらない。

前回の記事では、シャンプーって大事だよ。まずはそこから始めましょう。ということを書かせてもらいました。

 

乾燥するくせ毛の悩みにはシャンプーの見直しから始めましょう

 

くせ毛改善にあたって、良いシャンプーを選ぶこと、どんなシャンプーを使うのかはとても大事です。

 

しかし、もっと大事なことがあります。

 

それは、「どうやってシャンプーで洗うか」ということです。

 

ここが最も大事なのです。

 

自分では洗ってるつもりかもしれませんが、案外正しくシャンプーできてる方って非常に少ないんです。

 

あるメーカーの調べでは、みなさんが頭を濡らして流し終わる前でのシャンプーの平均時間がわずか50秒だったそうです。

 

わずか50秒です。

 

そんな短い時間で、正しく洗えるはずありません。かならず洗い残しやすすぎ残しが出てきます。

 

今日はそうならないために、くせ毛対策ためのより具体的なシャンプーの仕方をお伝えしていこうと思います。

 

くせ毛にいいシャンプーの仕方6つのポイント

1.しっかりと時間をかける。(少なくとも5分くらい)

美容院でシャンプーする際って、だいたい10分くらい時間を使うんですよ。それだけ時間をかけてしっかり洗って、初めて綺麗になると思って頂ければと思います。

 

自分でやるともう少しざっくりするとは思います。しかし、せめて5分以上はかけてほしいですね。じっくり時間をとるというだけで、意識的にしっかり洗おうとなりますから。

 

2.洗う際は、爪はたてない。指の腹を使いましょう。

ここも注意点。

 

爪を立ててしまうと頭皮を傷つけてしまうため、絶対にダメです。青い○の部分 指の腹を使って洗いましょう。

 

指が太い人は左の写真(一枚目) 、指が細い人は右側の写真(二枚目)の位置で洗って下さい。

 

 

こうやって指の太さによって洗うポイントは変える。でないと、力の入り方の差が出てしまいます。自分の指の太さを見ながら適切なポイントを見つけてくださいね。

 

3.予洗いはしっかりと

予洗いとは、はじめにお湯だけで洗うことです。

 

頭皮の汚れの7~8割はこれで落とせます。ですので、しっかりと地肌をこすりながら予洗いしていきましょう。

 

また、髪質によっては『撥水毛』と呼ばれる水をはじきやすい髪質の方がいます。

 

毛が太い方や、毛が細い方、くせ毛の方に多いのですが、そういった髪質の方はさらに念入りに予洗いをしてください。

 

ここでしっかり予洗いすることで、シャンプーも少量でしっかり泡立ちます。さらに、汚れもしっかり落とせますので予洗いを欠かさないようにしましょう。

 

4.シャンプ―は一度 手で泡立ててから頭へ

これ意外とやらない人多いんですよね。

 

シャンプーを手に出していきなり頭へ・・・。

 

ダメです。

 

シャンプーを出したらまず手で泡立てましょう。その後、頭にもっていき全体をしっかり泡立ててから洗います。

 

洗顔でも同じですよね?しっかり泡立てて優しく洗うが基本です!!

 

5. 一通り洗ったらシャンプーの泡がついたまま地肌マッサージ

一通り頭を洗い終えたら、次は地肌のマッサージをしていきます。

 

僕が簡単な方法としてお勧めしているのは

 

『シャンプーをした後、泡がついた状態で、地肌を頭のてっぺんに向かって指で持ち上げるように動かしていく』

 

というとてもシンプルなやり方です。 そして、毎日1分から2分でいいので必ず続けること。

 

「これを続けるだけで根元のボリュームが出やすくなったり、白髪が気になりにくくなった」

 

なんていうお声も頂いています。

 

頭皮マッサージはもともと良いのはみなさんご存じだと思います。しかし、なぜシャンプーの泡がある状態でマッサージをすすめるのかというと

 

『洗いムラをなくすため』です。

 

自分でシャンプーしていても、絶対に適当にやっちゃいますからね。美容師のぼくでもそうです。

 

だからここで地肌のケアをしつつ、もう一度全体をおさらいで洗いなおしていきます。この二度手間を工程に入れることで、格段にシャンプーのレベルが上がります。

 

その後、すすぎは予洗い同様しっかり行ってくださいね。すすぎ残しも頭皮には良くないですから。

 

6.コンディショナーやトリートメントは地肌に付けない。

そしてこれも大事です。

 

コンディショナーやトリートメントはあくまでも髪を補修・保護するもの。地肌には必要ないどころか、悪影響を与える場合もあります。

 

必ず、手に取ったらまず毛先に付ける。そして中間になじませ、残ったもので髪全体に手グシをとおす。

 

このようなイメージでつけていくのが基本です。

 

その後3~5分置いたあと流してください。

 

正しいシャンプーの仕方を身につけて、くせ毛ケアを始めよう!!

いかがでしたが。シャンプーの際の6つのポイントとともに、くせ毛の正しいシャンプーの仕方を説明していきました。

 

綺麗な髪・健康な髪にしていくには、日々の心がけがとても大事です。くせ毛や扱いにくい髪も、シャンプーが改善されれば良くなるケースもたくさんあります。

 

僕がたくさんお会いしてきたくせ毛の方々は、みなさん自分なりに努力されています。

 

ですが、それが間違っていること・・・も、しばしば。シャンプーもその一つです。

 

何かのものに頼りたくなる気持ちは分かります。ですが、まずは正しいシャンプーの仕方。基本となるこのシャンプーの6つのポイントを覚えて実践してくださいね。

 

TEMPERmagazineで相談

友だち追加

スタイリング相談会・試作品の事前提供・その他イベントなどの情報を配信しています。相談を記事化する企画も定期開催。TEMPERの最新活動情報も配信中。登録は緑のボタンから。