2,989 views

強いくせ毛のブローのコツ。便利アイテム2つとブローの考え方について

くせ毛スタイリング

AUTHOR

後藤 亜実
drycut stylist / spanist
美容歴15年。名古屋市内のドライカットの専門店で8年勤務し、2018.5月にフリーランスに転向。髪の毛をすかずに、彫刻のようにヘアスタイルを創り上げていくドライカット専門。髪本来のツヤとウェーブが蘇ります。頭皮環境を整え、リラクゼーションにもなるヘッドスパも得意です。ぜひ癒されてください。

こんにちは。

名古屋を中心にフリーランス美容師として活動している、ドライカット専門美容師の後藤亜実です。

今回は『強いくせ毛のブロー』についてお話します。

ブローというのはドライヤーで乾かすことですね。『くせ毛のブロー』なのでまっすぐ伸ばすということを考えがちですが、無理に伸ばさない方が良いこともあります。

 

本当に強いくせ毛の場合は無理にブローしない方が良い

基本的に、めちゃめちゃクセが強い人はブローしない方がいいです。

くせ毛は無理やり伸ばしても戻ります。無理やりドライヤーで伸ばした方が、パサパサしたり広がって綺麗になりにくいので・・・

どうしても伸ばしたい場合は、ストレートアイロンを使った方が絶対にいいです。それか、縮毛矯正の上手な店できれいに縮毛矯正してもらった方が楽ですね。

 

多少ゆるやかなくせ毛の場合は・・・

ですが、多少緩やかなくせ毛の場合はブローで全然綺麗になります。

簡単なブローをするときのコツですが、濡れすぎてる時からやっちゃうとすごく時間がかかってしまうので、ある程度乾かしてから伸ばすようにすれば良いですね。

細かいコツに関しては髪質によっていろいろあるので、自分の髪を見てもらって教えてもらうのが良いと思いますが、個人的におすすめな方法が『2つ』あるので紹介します。

 

くせ毛ブローのコツ①『くるくるドライヤー』

まずおすすめとして、くるくるドライヤーを使うという方法があります。

くるくるドライヤーというのはロールブラシの形をしたドライヤーで、髪を乾かしながらブラシで伸ばすようなことができます。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥13,400 (2019/11/18 08:06:33時点 Amazon調べ-詳細)

初心者でも使いやすいのでおすすめですね。

ですが、もう一つの方が個人的にはおすすめです。

 

くせ毛ブローのコツ②『アイロンブラシ』

ショップジャパン 【公式】 シンプリーストレート (トラベルケース付) [メーカー保証1年付] ヘアアイロン ストレート アイロン PSE認証済み
Shop Japan(ショップジャパン)

個人的にはくるくるドライヤーよりも、こちらのアイロンブラシをお勧めしたいです。

これはブラシの中にストレートアイロンのプレートが入ってて、それでブラシを通せば勝手にクセが伸びるんですね。あれはめちゃくちゃ使いやすいと思います。

あれは本当に使いやすくて、美容師にとってももちろん使いやすいのですが、普段使う人も全然使いやすいのでいいですね。

 

アイロンブラシと普通のアイロンとの違い

普通のアイロンじゃだめなの?と思うかもしれませんが、普通のアイロンだとパネルで分けたりとかっていう手間がかかりますよね。

部分部分で分けながらダッカールで留めて、取ったパネルをアイロンで一生懸命伸ばしたりして・・・というのもちょっと面倒だし、後は火傷する危険性とかもありますしね。

アイロンブラシの方が火傷しないし、本当に手で触っても全然熱くないので。通すだけで綺麗にまっすぐに伸びるから艶も出ます。

しかもダメージはアイロンより全然少ないし、しかも値段もそんなに高くないですからね。6000円ぐらいで全然買えちゃうのでそこまで強すぎないクセの方なら検討してもいいと思います。

 

それでもやっぱり強いくせ毛の人は・・・

でも、それでもやっぱりクセが強い人は難しいかもしれないですね。

くるくるドライヤーやアイロンブラシを使ってもなかなか難しいので、そういう人がまっすぐ伸ばしたい場合はアイロンを使うか綺麗に縮毛矯正をかけてもらうかだと思います。

もしくは結んでしまうか、あるいは中間~毛先のクセの動きはある程度残しつつ、クセの気になる上の部分だけアイロンで伸ばしてしまうか。

だけど、やっぱり一番おすすめしたいのはクセを活かしちゃうことです。

 

クセを活かすと楽になる

例えば、ウチでやってるドライカットのようにくせ毛を活かせる方にちゃんとカットしてもらって、ブローで伸ばすというよりもちゃんと活かしてセットした方が楽だし綺麗になります。

くるくるってしちゃう人は、『くせ毛な人は嫌だなあ』って思っちゃうと思います。でも、それは綺麗で似合う髪型にしてもらえてないっていうのもあると思います。

もちろん、直毛の人よりは広がるし、くせ毛で髪の量が多い人は出来るだけちっちゃくしたいと思うんですけど、逆に小さくまとめちゃうと似合ってないとかもありますからね。

だからやっぱり極力活かせると強いんです。

 

ブローで無理に伸ばすより、活かす方法を考えましょう

強いくせ毛なら、縮毛矯正してもらうか・活かすかというのがやっぱりおすすめです。

自分で毎日伸ばすというのは本当に大変です。美容師が伸ばしたって大変ですからね。

それを、自分でやって中途半端になったり、時間かけてやるんだったら、何か違う方法を考えた方が綺麗にできやすいかも?と考えてみるのはいかがでしょうか。

 

TEMPERmagazineで相談

友だち追加

スタイリング相談会・試作品の事前提供・その他イベントなどの情報を配信しています。相談を記事化する企画も定期開催。TEMPERの最新活動情報も配信中。登録は緑のボタンから。