2,653 views

縮毛矯正・ストレートパーマは雨の日にすると良くないのか?

コラム

AUTHOR

TONI&GUY AOYAMA / StyleDirector

ロンドン発祥の老舗サロンTONI&GUYのStyleDirector/MarketingManager 。「くせ毛マスター」として、日々サロンワークを行いながら、個人メディアにて情報発信を行う。美容学生や美容師向けの講習、一般紙、業界紙やヘアショー、ファッションショーなどマルチに活動している。 顧客には、くせ毛の方をはじめとしながらも、ファッション関係や有名芸能人など幅広い客層の顧客を抱える。ストレートパーマ(縮毛矯正)、くせ毛を活かしたカットなど、くせ毛に対して幅広い知識と経験をもつエキスパート。

こんな質問が来ていました。

読者さん
縮毛矯正やストレートパーマは、雨の日にすると良くないと聞いたんですけれども本当ですか?

雨の日にするとよくないっていうのは初めて聞きました。

基本的には全然関係ないと思います。むしろ、雨が続くシーズンの方がストレートパーマや縮毛矯正のオーダーは増えるくらいですからね。

ただ、確かにたまにこういう話があるみたいです。

ですので、今回は『雨の日に縮毛矯正やストレートパーマをかけると良くない』という話がなぜ出てきたのか?どんなケースに良くないのか?ということを掘り下げて考えてみます。

 

基本的に縮毛矯正やストレートパーマを雨の日にしても何も問題ない

基本的には、雨の日に縮毛矯正をしようがストレートパーマをかけようが全然関係ないです。

髪の毛が水分を吸収して・・・とかいうことを考えてみても、そもそも濡らして薬を浸透させてるんで関係ないですし。

かといって、終わった後に雨降ってる中外を歩いたら、そのせいで縮毛矯正やストレートパーマがなくなる・・・?って言うと、別にそれでなくなるものでもないです。

むしろ、縮毛矯正にしてもストレートパーマにしても、雨の日が大変だからやってるものですもんね。

ただし、『雨の日に縮毛矯正やストレートパーマをして失敗した!』という経験がある場合は、可能性としてこういうケースは考えられます。

きちんと縮毛矯正・ストレートパーマができてなかった場合

もし外に出て、雨で濡れて元に戻るとしたら、それはおそらくきちんと縮毛矯正やストレートパーマができていなかったという可能性があります。

実際、『ストレートしました!』って言いつつ、終わった後にアイロン入れたりブローがっつりして仕上げているっていう場合もたまにあるみたいです。

その場合は、そもそも縮毛矯正・ストレートパーマの段階で髪をきちんと伸ばせていないということなので・・・。雨の日だから悪いだとかいう話ではなく単なる『失敗』です。

そもそもきちんと伸びていない→仕上げのブローやアイロンで伸ばして誤魔化す→当然湿気を吸ったらもとに戻る

という単純な答えですね。

雨の日に縮毛矯正やストレートパーマは問題ない

縮毛矯正やストレートパーマは、終わった後に髪が濡れてもそんなことは全然大丈夫ですよ。雨の日でも気にせずやって頂いて問題ありません。

でも、確かにきちんと伸びてなくて、最後にがっつりブラシ入れてブローして仕上げて、結果帰りに雨で湿気でクセが戻って失敗・・・っていうのは世の中で全然ありえるケースだと思います。

おそらく、この話はそこから来ているんじゃないでしょうか。

ちゃんとやってもらえれば、大丈夫ですよ。

TEMPERmagazineで相談

友だち追加

スタイリング相談会・試作品の事前提供・その他イベントなどの情報を配信しています。相談を記事化する企画も定期開催。TEMPERの最新活動情報も配信中。登録は緑のボタンから。